野球肘・野球肩

こんな野球肘・野球肩の症状にお悩みではございませんか?

  • 痛くていつまでも投げれない
  • 野球肘検診でひっかかった
  • 痛みが取れてもまた投げると痛くなる
  • レントゲンを撮っても異常がなかった
  • 筋トレをするように勧められた

でも、もう大丈夫ですよ。

当院ができて40年間、あらゆる症状の方が来院されてきました。
そして、あなたと同じ悩みを抱えた方が当院に来院して改善されております。

なぜあなたの野球肘・野球肩が今まで改善しなかったのか?

フォームの改善してますか?しっかりとした指示を受けてますか?

1番の原因は身体の使い方です!
投球動作とは全身で力を作りだし指先に伝えて投げます。
しかし子どもは『遠くまで投げたい。』や『速い球を投げたい。』と思い全身を使わずに腕の力、指の力に頼って投げてしまうことにより、筋肉に負担がかかったり肘の外反力が強くなってしまい靭帯を痛めてしまいます。

そもそも野球肘・野球肩の原因は

投げ方がわるい、管理が悪い

野球をやっている成長期の子どもに多く発症し内側型と外側型がありますがほとんどは内側に痛みが出ることが多いです。
肘には骨の動きを制限する靭帯と骨を動かす筋肉があります。
・内側型では、投球動作を繰り返すことにより筋肉に負担がかかり  筋肉が固まってしまいます。その状態で投げ続けるとことにより筋肉を痛めてしまいます。
靭帯によるものでは、投球動作の際に肘に外反力がかかります。
この外反力が蓄積され靭帯を痛めたり、酷い場合には剥離骨折を起こしてしまうこともあります。
これも全て投げ方と傷めた時の管理の問題です

では、なぜ当院の施術で野球肘・野球肩が改善するのか?

負担を掛け続けた筋肉を早期に正常に戻します

まずは負担がかかり過ぎた筋肉の働きを手技により正常に早期に戻します。

『そして根本的に痛みが出ている原因はなにか?』

そこを改善しないと再発は免れません。まず痛みを取る事が第一です。

痛みは私たちは取る事が出来ます。

しかし投げ方を再度見直さなければまた同じ結果になります。そのお手伝いもさせて頂きます。
今ではなく『この子がずっと野球が出来るようにするため』にを頭に施術するだけで大きくアドバイスも結果が変わってきます。

雰囲気が良くて、体も楽になるのでおすすめします。

お客様写真

腰が痛くて立てなかった時に看板を見て来たのですが、先生に「3日~1週間で良くなる」と言われ、本当にそうなったのでビックリして通い始めました。
皆親切で和やかなので雰囲気がいいです。体も楽になるのでおすすめします。

腰がずっと痛くて立てなかったR.M.さん

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

親身になって治療してくれます。

親身になって治療してくれます。

Y.T.さん

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

安心して見てもらえる整骨院です

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

皆さん明るくて通いやすい整骨院です

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

当院が30年以上も世代を超えて西宮の方に支持され続けている理由

理由1.他院には無い経験値の高さ

宮川接骨院は、西宮市で40年以上の歴史ある接骨院です。その中で、数百万件という数えきれない症状の改善を行ってきました。同じ症状でも人によって原因は様々。圧倒的な臨床数や経験値があるからこそ、あなたの症状の根本的な原因を見抜き、改善することができるのです!

理由2.病院関係者との連携と信頼

整形外科はもちろんのこと、内科とも連携しているので、症状に合った施術方法を判断することができます。場合によってはレントゲンをとったり、病院をお勧めする事もありますので、自己判断で無理な施術を行うことは一切ありません。
また、その他の病院関係者との繋がりも多く様々な知識を得ているため、信頼をいただいています。

理由3.丁寧なカウンセリングと治療計画の説明

施術の前には丁寧なカウンセリングを行い、カラダの状態をしっかりと確認します。そしてどれくらいのペースで、どれくらいの期間来ていただくのがベストなのかを、わかりやすく説明しています。納得いただいた上で施術を始めますので、初めての方も安心です。

理由4.痛みの改善だけではなく予防も行います

痛みが出た時の改善だけではなく、これからも痛みが出ないよう、予防も大切にしています。ご自宅でのアドバイスはもちろんのこと、当院で定期的に行っている姿勢教室もご好評をいただいています。

宮川接骨院は的確な診断と治療で、早期回復、改善のために本気で治療をする数少ない治療院です。

どんな症状でも的確な診断が出来ないと治りも悪いですし、早期の復帰は難しくなります。痛みがある方や、治りが悪いと思っている方はご相談してみてください。

宮川接骨院とは長期に渡り身体をみて頂いてました。 一番の印象深く覚えているのが、私が膝を痛め病院にて手術を勧められた際に『大丈夫、手術しなくても治る』と言われなぜ?手術が必要無いか理由をしっかり説明して頂き、治療に励んだ結果、プロレスの世界に移りましても、そして現在も痛みもなく生活出来ております。本当に悩まれている方こそご相談されることをお勧め致します。

私は現在アメリカMLB、ヒューストンアストロズに在籍しています。 宮川接骨院で16年勤務し、その間治療技術はもとより多くのことを学ぶことが出来ました。

多種多様なトップアスリート達の治療にはとても神経を使いますが、宮川接骨院で培った技術と経験が、今の私の礎となっています。 国や環境が違っても、「痛み」「不調」に対して(何とかしたいと)の姿勢は変わりません。改善すべく常に全力を尽くしています。 これはもちろん、現在宮川接骨院で施術している後輩たちも同じ気持で、しっかりとした治療計画のもと施術にあたっています。

7−8年前に左の変形性膝関節症でヒアルロン酸注射の治療を受けていました。 しかし完治せず、人工関節の手術を勧められていた矢先、勤務先ホテルで院長先生に言われました。 「ホテルマンなのに、なんて歩き方をしているんですか。」 と。

先生が手術の必要性はないとおっしゃってくださり、半年間の通院で完治しました。 そのあと右膝も痛くなり、2−3ヶ月で完治。 今まで周りの人には、私の体重が痛みの原因の全てだと言われ、でも痛くて運動もできず、人工関節の手術まで勧められて、ただただ悩める子豚ちゃんだったのですが、宮川接骨院に通い、完治して、本当に良かったです。

なかなか改善しない野球肘・野球肩に悩む方へ

来院される方の中で

『この子は今は休めません』

『この子にとって大切な試合なんです』など

保護者の方や選手より言われることがあります。

必要であれば私はボールをどんな事があっても投げさせません。

例え『なら、もういいです』

と来院を辞められたとしても。

この怪我は『まー、時間が経てば治るだろう』と甘い考えで一生ボールを投げれない環境になってしまってる子供たちが沢山います。そんな選手は私は作りたくありません。一刻も早く怖がらずにご相談ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮川接骨院

住所
〒662-0834
西宮市南昭和町5-15
アクセス
阪急西宮北口駅から徒歩5分 ※駐車場有
TEL
0798-67-7061
受付時間:9:00〜12:30、16:00〜20:00
定休日 :日曜・祝日
受付時間 日・祝
9:00〜12:30
16:00〜20:00

土曜(◎)は14:00まで。
毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。