前十字靭帯損傷

靭帯について

靭帯とは、骨と骨とをつなぎ離れないようにしているスジ状の結合組織です。薄く硬い丈夫なゴムのようなもので、筋肉のように自由に伸び縮みする伸縮性はありません。膝を安定させるだけでなく、動きを制御する働きがあります。
膝の靭帯は、関節の前と後ろ、内側、外側に、それぞれ前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4本があります。

 

前十字靭帯について

膝関節の構造は、脛骨の上に大腿骨が乗っているような構造なので膝関節を安定させるには、大腿骨と脛骨を強固につなぎとめる靭帯の存在が欠かせません。膝関節の靭帯は4本存在し、中でも関節の中に位置する十字靭帯は重要な働きをしています。

膝関節には、十字の形をした2本の十字靭帯、すなわち前十字靭帯と後十字靭帯が存在します。

前十字靭帯は、大腿骨の後方から脛骨(すね)の前方に付いている靭帯で、大腿骨と脛骨をつないで膝が前後に揺れるのを防ぎ、安定性を確保しています。

また、前十字靱帯と後十字靱帯が交差することで膝のねじり動作の際に、膝が崩れないようにストッパーの役目を果たしています。

前十字靭帯の主な機能は、脛骨が前に飛び出すのを防ぐことと、膝をねじるなどの回旋動作のコントロールです。

これらの事から、前十字靭帯はスポーツのあらゆる動作の中で非常に重要な靭帯といえます。

 

どのようにして怪我をするのか?

前十字靭帯損傷が起こるケースは、接触型と非接触型の二つがあります。

接触型は膝に物がぶつかった衝撃で靭帯が損傷するものです。事故のほか、スポーツにおけるタックルやスライディングを受けた際に膝を内側に捻ったり、膝が伸びきった状態から更に伸ばされるような力が加わったりすることで起こります。

非接触型はスポーツ時に、急停止、方向転換、ジャンプの着地時などに多く起こります。サッカーやバスケットボールで急に切り返したり、バレーボールのスパイクやブロック後に素早く体の向きを変えたりした時に膝が大きく捻られ損傷します。

 

発生しやすいスポーツ

バスケットボール、バレーボール、サッカー、ラグビー、アメフト、器械体操、柔道、スキーなど

 

 

特徴的な症状

損傷時に膝が抜けるような感覚やずれるような感覚があり、「ブチッ」「ボキッ」といった断裂音が聞こえることもあります。受傷直後から関節内に血液が溜まり始め、すぐに患部がパンパンに腫れ、膝が曲げられなくなります。

急性の症状が落ち着いた後も、急停止や方向転換などで膝を使う際にぐらつきを感じ、歩行中に突然膝がガクッと抜ける感じの膝崩れ現象がみられます。

損傷直後はかなり強い痛みを感じますが、時間の経過とともに痛みは軽減していき、深く膝を曲げたり、体重をかけて踏ん張ったりした時の痛みや膝の不安定感が残ります。

初期の症状

1.膝の痛み

2.膝周囲の腫れ、熱感

3.膝の運動障害(曲げたり、伸ばしたり)

4.関節内血腫

5.歩行困難

時間が経過してからの症状

(受傷して4~5週間経過すると日常動作での支障は軽減しますが以下の症状があります)

1.膝に力が入らない

歩行中、不意に膝がガクッと抜ける感じ→膝崩れ現象

2.膝がぐらぐらする

急に止まった時や階段昇降などで膝がずれるような感じ

3.膝が完全に曲げたり、伸ばしたりできない

膝が引っかかったような感じがする

4.膝の腫れが引かず、熱を持っている感じがある

治療の流れ

受傷時の状況を問診し、膝関節の状態を触診(検査)することで、どの個所を痛めているか分かります。

しかし、前十字靭帯は単独損傷だけでなく同時に他の靭帯、半月板、骨などを損傷することがあり、この合併損傷の有無を正確に診断する必要があります。その為、レントゲン検査やMRI検査が必要となる場合があります。

前十字靭帯を損傷した場合の治療法には、手術をしない保存療法と手術療法の二つに分かれます。

損傷された前十字靭帯は保存療法では修復されにくいので、年齢や活動性、関節の不安定性などによって治療法を決めることが重要です。

 

1.保存療法を選択する場合

・前十字靭帯の単独損傷で日常生活レベルにおいて不安定感のないもの

・ジャンプや全力疾走を含むスポーツ活動をしない方

・高齢者

2.手術療法を選択する場合

・日常生活をおくるのに膝の不安定感を強く感じる方

・今後、頻繁にスポーツを行いたい方

・若年者

・前十字靭帯の単独損傷ではなく、合併損傷を起こしている方

・膝の可動域制限を生じやすく、筋力の回復も遅れがちな為、リハビリに積極的に協力してくれる方

 

保存療法を選択された場合、受傷直後は炎症がきついのでしっかりアイシングを行い、腫れを抑えることが重要です。また、膝の不安定感がでる為、副子(添木)をあて包帯で固定(もしくは装具で固定)します。

個人差はありますが、約3~4週間程アイシングと固定をしっかり行うと、歩行や日常生活での痛みは少なくはなりますが、急停止や急な方向転換、跳躍からの着地動作などで膝崩れや膝の不安感が残ります。

損傷を放置したまま、就業あるいはスポーツ活動を行うと膝崩れを反復するようになり、関節軟骨や半月板損傷が起こり、膝関節を構成する組織の損傷が拡大していきます。この為、膝崩れを予防することが大きな目標となります。

炎症症状が治まり次第、リハビリテーションを開始します。固定により固くなった筋肉をマッサージでほぐし、膝崩れを防ぐ為に臀部(お尻)、ハムストリングス(太ももの裏)のトレーニングを指導していきます。また、手術療法を選択された場合、手術後より関節可動域訓練、歩行訓練、筋肉訓練などのリハビリを行い、約6ヶ月後のスポーツ復帰を目指します。

治療のポイント

・個人によって運動量や使い方が違うので、その人にあった治療法を選択するのが重要

(保存療法or手術療法か、固定方法、スポーツ復帰時期などを含め)

・短期的なゴールは、膝崩れの防止と関節軟骨及び半月板損傷の防止

・長期的なゴールは、変形性膝関節症への進行予防

・再負傷の予防、早期スポーツ復帰へのサポート

(膝周りや股関節周りの筋肉トレーニング、体の使い方指導など)

上記の内容を考慮した上で、初診の段階で診させて頂き、治療計画を立て、しっかり説明してからの施術になります。

又、合併損傷が疑われる場合や手術を必要とされる場合は、提携している病院にご紹介します。

また、手術後のアフターケアやリハビリまで責任を持ってさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮川接骨院

住所
〒662-0834
西宮市南昭和町5-15
アクセス
阪急西宮北口駅から徒歩5分 ※駐車場有
TEL
0798-67-7061
受付時間:9:00〜12:30、16:00〜20:00
定休日 :日曜・祝日
受付時間 日・祝
9:00〜12:30
16:00〜20:00

土曜(◎)は14:00まで。
毎月、最初の来院日には必ず保険証をご持参ください。