半月板損傷

一般的な半月板損傷

半月板は膝の骨と骨の間にある繊維状の軟骨で、両側の骨のクッションの役目があります。

膝に体重が加わり、半月板が圧迫された状態でねじったとき、軟骨が裂けるのが半月板損傷です。

サッカーやラグビーなどで倒されたときやバスケットボールで足を捻って着地したとき、柔道などの格闘技、スキー等のスポーツ活動によるものが多い。

症状は階段の上り下りや膝をひねったときなど動作中に急に痛みが出る、半月板の断裂が大きくなると膝の中でコリッという音(クリック音)がしたり 、半月板の 断片が挟まって膝が引っかかる、伸びなくなる(ロッキング)などの症状が 出ます。

宮川接骨院での半月板損傷についての考え

半月板損傷といっても、半月板そのものは、繊維軟骨とコラーゲンで出来ているので血行がありません。つまり、神経もなく、半月板(軟骨・椎間板も含む)そのものは 痛むことはありません。半月板に亀裂が入っても、小さな傷の場合には無症状で特徴的な症状はありません

受傷を繰り返したり、ひねり方が強く亀裂が大きくない場合は上記にある

  • 膝の中でコリッという音(クリック音
  • 半月板の断片がはさまって膝が伸びなくなる(ロッキング

という症状は起きません

では痛みの原因は?

半月板ではなく、その周りの筋肉や腱などの組織が炎症を起こしているからということになります。

つまり、炎症を消失してしまえば痛みが消失するのです。

炎症を残したままだと前途した変形性膝関節症に進んでしまい負のサイクルが起きてしまいます。

手術は最後の手段です。

手術をすれば100%完全に治りきるのであればいいのですが、 人間の体である以上そうもいかないのが現実のようです。 リスクも少なく、メスを入れずに改善していくのが可能であれば、それが ベストだと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮川接骨院

住所
〒662-0834
西宮市南昭和町5-15
アクセス
阪急西宮北口駅から徒歩5分 ※駐車場有
TEL
0798-67-7061
受付時間:9:00〜12:30、16:00〜20:00
定休日 :日曜・祝日
受付時間 日・祝
9:00〜12:30
16:00〜20:00